2012年3月28日水曜日

(MIX) VAKULA - Fade IN-OUT Or evening milk for Kat

Vakulaのサウンドクラウドに45分のミックス がアップされてました。ノンミックスでジャズやエレクトロなどをつないでます。

2012年3月27日火曜日

(Free Download) Maylee Todd - Hieroglyphics

先月7inchも出ましたがフリーダウンロード もまだ生きてます。ここ最近で印象的だった曲、ぜひどうぞ...

http://music.mayleetodd.com/album/hieroglyphics-7-single

2012年3月21日水曜日

Panoram "Accents"



今週試聴した中で一番気になったシングル...

なんとも掴みどころのない曲が7曲。海外のレコード屋ではDAM FUNK、FLOATING POINTSなどが引き合いに出されていたがもっと脱力した感じ... こういう訳の分からなさが今貴重だ(自分の中では)

SHUT UP & ROCK ME (RAHAAN REMIX)



イヤ~ん、バカ~ん、俺、ラハーン...

ということで、DISCO DEVIANCEの24番はシカゴのRAHAANのエディットですね。ド派手!!

2012年3月14日水曜日

レア・オールドスクール・ヒップホップ1曲150円

http://www.emusic.com/listen/#/albums/label/Traffic%20Entertainment%20\\/%20The%20Orchard/1400275767/all/:

このTraffic Entertainmentというレーベルのカタログがやばい... P&PやSound Of Universeなどの12インチ音源売ってる... いつの間にか。eMusicやAmazonのダウンロードで買えるのでブートではないはず。オールドスクールやダンスクラシックのいなたい音源が気楽に150円で買えていいのか...。

これとか
http://www.amazon.co.jp/Rappers-Convention/dp/B003GPCHJS/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1331734825&sr=8-1

Love Unlimited Vibes - Luv 05



Love Unlimited Vibesの新しい12インチが今週出ました。このシリーズは出れば買ってますが、今回のが一番いいのではないでしょうか?エディットものですが、リラックスと不健康なバイブが入り混じってるのがいいです。そして、この1曲目はみんなの大好きなFから始まるグループの"Caught A Long Wind"がネタですね。

ちなみに「某プロデューサーの匿名プロジェクト」という触れ込みですが検索するとすぐ分かります。

Tapedeck-A-Holic

http://twitter.com/#!/mrjamesholden/status/179588037158780928/photo/1

とJames Holdenさんも言っているようにカセットテープがキテることを感じています。

という自分も1年前から一度しまったカセットデッキを再びセットして聞けるようにしていますし、実際カセットでのリリースも急に増えてきています。数日前に紹介したVakulaのアルバムもカセットでリリース予定です。

もうこれはノスタルジーとか、洒落とかでは無くて、パッケージとしてのカセットテープが本格的に見なおされていると考えていいのではないでしょうか?パッケージとして面白いというのと、あのコンプがかかったカセットテープの音自体が見直されているのではないかと思っております。

最近で言うとECDの新しいアルバムはぜひカセットで聞いてみたいです。

当然ラジカセも復活してくるのでは無いでしょうか?まだカセットが聞ける機材を持ってる方は捨てずに持っておいた方が懸命です。

SBTRKT - Hold On


今週BBCで放送されたこのライブが話題になっているみたいです。たしかにこの感じでライブするのならぜひ見てみたいです(実は昨年のフジロックで来日済みですが、まったくノーチェックでした)

クラブミュージックのライブも「さっき叩いていたドラムがサンプリングにそのままつながった」とか「ドラムずれてたけど持ち直した」みたいなのが有る方が見ていて引きこまれ具合が全然違いますね。カウベルが入ってくるだけで高揚感有ります。

ちなみにこちらがオリジナル


そしてこちらがこの曲をエディットしたブートレッグ12EP。Love Unlimited Vibes "Luv 3"

2012年3月13日火曜日

El-P - The Full Retard

元カンパニー・フロウのEL-Pの新曲。正直、ここ最近のEL-Pの作る音は心の闇みたいなのが全面に出ていて、その重さに耐えられずに遠ざかってましたが、この曲はちょっとそこらを抜けた感が有って、素直に聞くことが出来ました。アルバム期待してもいいかも。

2012年3月12日月曜日

V (aka Vakula) - 13th District

Vakulaのアルバムがシアトルのレーベル、Nuearth Kitchenからもうすぐリリース。多才なVakulaですがこのアルバムはハウス色は控えめで、エレクトロ色が強いのでしょうか?

あと関係ないですけど、毎日こういうハウスなどをネタにブログを書いていますが、うちの店ではこの辺のレコードは全く売ってません。だいたい中古盤屋だし...。 個人的な趣味とお買い物の記録をざっくばらんに残しておくことで後々見なおした時に面白いかなぁと思ってやっておりますので、ひとつよろしくお願いいたします。

Durutti Column - Tomorrow



去年の震災の前の日、3月10日に思っていたどうってことのない明日はもう永遠に来ない… それを自分が完璧に受け入れることが出来るのはいつでしょうか?

And Tomorrow Never Comes
Tomorrow Never Comes

2012年3月11日日曜日

MARVIN & GUY - TOWN (吉田美奈子エディット)

山下達郎に続き、吉田美奈子"TOWN"のエディットがもうすぐリリース。KZAのレーベル、Let's Get Lostから

そしてこの謎のアーチストのサウンドクラウドページも有ります。

2012年3月10日土曜日

目の毒

以外の何者でも無い... 
レアレコードを売ってるサイトです
Rarer Than Hell...

http://liptonwhitaker.bigcartel.com/

2012年3月8日木曜日

JOY OF DISCO その2

数日前にこのブログで紹介したBBCのドキュメンタリー"THE JOY OF DISCO"がYOUTUBEに上がっておりました。まだちゃんと見てませんが、普通のDISCOドキュメンタリーが取り扱うよりも前の時代(60年代後半!)からどのようにディスコが出来てきたかを扱っているのは珍しいかなと...

今はそんなことは無いと思いますが、かつては「ソウル至上主義」の黒人音楽の歴史観がメジャーで、「商業主義に走った音楽で有るディスコによって、ソウル・ミュージックは堕落した。」とみんな言っていたものです。まるで70年代後半は音楽の暗黒時代で、革新的な音楽の進歩は何も起こっていないような扱いだったのですよ。

実際には「ダンスと音楽で心を開放する」というディスコのしいてきたレールの上に今が有るのですから奴らの言っていたことはいい加減でしたね。





2012年3月7日水曜日

Vakula feat Dices - Asuwant

来週リリース... これは深い.. 深いぞ...

Elektro Guzzi - Affumicato

ドラム、ベース、ギターの3人でやる人力テクノバンド、Elektro Guzziのスタジオでの録音風景というのがめずらしいPV。

実際のライブはこんな感じ。

Led Zeppelin - The Battle of Evermore (8-bit)

サウンドクラウドでみつけたLed Zeppelin "Battle Of Evermore"の8bitカバー。よく出来てると思います。

Dead Rose Music Company - 4 Songs

大ネタを使いながら元ネタのぶった斬り感とエコーかけ過ぎ感がいい感じ。

Argenis Brito - White House (preview)

テクノのジャンルとしてリリースされてるニュー・ダブ。ベネズエラのアーチストのモロッコ録音でドイツのレーベルからリリースというのもちょっと好き。

2012年3月5日月曜日

Midday Veil - Moon Temple (Official Video)

ハウスの新譜もあれこれチェックしたけど、これが今週一番良かった。24分間のサイケデリアな音と映像。この辺の音にはクオリティは求めてもオリジナリティは期待していません
(きっぱり)。Borisの影響も有るかもしれない。ちなみにこのバンドもこの曲をカセットでリリースしている。さっき確認したら、日本ではアマゾンからmp3で買えます。実はアマゾンのmp3ってこういうアンダーグラウンドな音源が普通に買えるんです。

Paqua - The Visitor

DJ Muddのレーベル、Claremont 56の新作12インチ。レコード屋ではDisco Dubとかのジャンルで売られているけど、基本的にはリアルタイムなアシッドフォークやクラウトロックをリリースしているレーベル。普通のロックファンが気づかないところでこういう音楽がアナログだけでリリースされているのが面白いと思ってます。

Friendly Fires - Hurting

今週Carl Craigのリミックスが出る曲のオリジナル。Tro Y Moiとかこの辺のバンドをまとめて呼ぶジャンル名が有ったけど忘れた。自分の中ではリアルタイムなネオアコだと思っている。

2012年3月4日日曜日

Mister Lies - "I Walk"

日本のレコード屋がプッシュするようなハウスももちろんチェックしてますが、BandcampやSoundcloudなどでリリースされるインディペンデントなアーチストの作品を探すのも好きです。音のミックスが崩れていて空間に歪みが生じているところにサイケデリックを感じます。

2012年3月3日土曜日

BBC4 - Joy Of Disco

昨日の夜、イギリスのBBCチャンネル4でディスコのドキュメンタリー「JOY OF DISCO」が放送されたのでブログで感想を言ってる人を見てるんだけど、「Donna Summerの"I Feel Love"のようなサウンドはそれ以前には聞いたことも無かった。この曲は翌年リリースのクラフトワークの"Model"
に影響を与えたはずだ」と言ってる人がいて、なるほどと思った。

たしかに、"I Feel Love"というミュンヘンから来たミュータントなサウンドがディスコの何かを大きく変えて、その変えた道が今でも続いているという感じは有る。そして、"I Feel Love"とパンクが同時期に出たというのはとても重要な気がしてるが、そこまで言うとな...

2012年3月2日金曜日

bcxxx音頭

さっきまでツイッターで見たある件で怒りまくっていた...

正確に言うとずっとあいつはブロックしてきたし、リツイートされても極力見ないようにしてきたが、もう我慢出来なくなった。

なので、ここで宣戦布告しようと思ったが、ちょっと昼寝したらすっきりしたのでそれは止めておく。

むしろ今は彼を称えたくなったので、彼のために曲を作った。
では聞いてください、「bcxxx音頭」

(1番)
ハァ~ア~ア~
俺は番長 文句が有るか~
ツイッター世界のご意見番
原発 差別 許せねぇ
ストレート・エッジのにくい奴
オカマを差別する奴ぁぶん殴る
オタクの嫌いな番長だい!

(2番)
ハァ~ア~ア~
俺は番長 文句が有るか~
世論を動かす有名人
もしも原発止まったら みんなおいらに感謝しな
グライム鳴らしてデモ行進
インターネット社会の新ヒーロー 
みんなの憧れ番長だい!

(セリフ)
クラブで会うと意外と礼儀正しいんですねなんて.... 照れるぜ!

(3番)
ハァ~ア~ア~
俺は番長 文句が有るか~
俺のフォロアー7000人
君の好きなあの人この人 みんなおいらのフォロアーさ
俺のiPhoneのベルが鳴る (さっきのつぶやきがまたリツイート!)
フォロアー30人のお前なんか はなから相手にしてないぜ
有名人大好き番長だい!

-----------------------------------

さて冗談はさておき、

「自分たちのやってる反原発活動に対して冷ややかな態度を取る人たち」へのいらだちを言う人をよく見るが、冷ややかなのは「反原発運動」の方では無く「自分たち」の方にだということにやはり気がついていないんだな。

自分の仲間に対しての礼節すら知らない人間の反原発運動に共感出来る訳ないし、だからと言って俺たちを社会の敵とすることなんか出来る訳ねぇだろ。

自分の敵が自分のひね曲がったパーソナリティだってことにいい加減気づけよ。