2009年10月29日木曜日

レコード屋の本音

このブログは今日のTwitterでの私のつぶやきまとめて一部追加したものです。

もともとイギリスのレコード屋の老舗、Rough TradeがAlbum ClubというRough Tradeがオススメするレコード10枚の中から1枚を送ってくれるというRough Tradeのセレクションをパッケージ売りするサービスを始めたという話題で何人かの方がつぶやいていたのを受けて書きました。

●みなさんよく「この前いい新譜見つけた」といいますが、実際にはそのレコードがあなたにみつかるようにセレクトした人間がいるのです。それがレコード屋の店員です。
●実際、全世界でリリースされている新譜すべてを仕入れて揃えることなんて出来ないんですから。誰かがその情報を編集してあなたが素晴らしい音楽を見つけられるようにしているのです。その編集という行為に対してお金を払うべきです。
●ネットで全世界でリリースされてるダンスミュージックのほとんどが手に入るJUNOみたいなところ、最初はいいと思ったけど実は不便だと思いません?情報が編集されてないから。俺が好きそうな音楽だけ誰か選んで教えてくれよって思いません?それをいままでしていたのがレコード屋ですよ。
●実際、多くの人がネットで買い出したらもうレコード屋なんていかなくてもいいと思ったんじゃないですか?たしかに自分も国内の通販サイトで視聴していいなぁと思ったら在庫切れでがっかりとか有ったし。だったら扱ってるアイテムも莫大な海外のレコード屋から直接買えばいいなぁと思ってました。
●そうやっているうちにレコード屋がどんどん無くなってみると、不便極まりない。入ってくる情報は莫大になって、今まで通り自分の感覚で買っているつもりなのに、時間ばかり食う。ネットで30秒の試聴サンプルを何時間も聞き続けているより、お気に入りのレコード屋に行ってコメント読んだり、直接「おすすめ有りますか?」って聞いて、自分で試聴した方がなんぼか早いと気づく。
●だもんだから、最近は誰かが「これ良かった」って言うと、みんな一気に「それ僕も好きです」「気に入りました~」ってなるでしょ?それってちょっと怖いんだよね。ちょっとした情報で一気にそっちに行ってしまう。もっとふり幅が有っていいと思うし、確かにそれもいいけどこっちも有るよね、そっちは?って思うし。
●情報が多くなればなるほど、いろんなことが満たされるはずというのがネット時代の常識だったはずなのに、どんどん不便さを感じる。人が一日の間に処理出来る情報なんて大した量じゃない。やはり情報は多ければ多いほどいいというのはやはり間違いで、今だからこそ、この世界で必要とされるのは「優秀な編集者」なんじゃねぇのか?
●と、気がついた時には周りにレコード屋も雑誌も何もなくなっていました、とさ。
●で、それでいいの?

●ここで思い出す。2000年から2002年あたりのCISCOハウス店は俺にとっての神の店だった。
●セレクトしてあるレコードを視聴してるだけで、「何か新しいことが起こってる」と思わせるものが有って、DJでも無いのに毎週何万円も新譜買いまくっていた。
●で、知り合いのDJに会う度に「やばいことになってるから、ハウス店に行った方がいい」と言いまくって。それがきっかけかどうかは分からないけど、何人かはその後DJスタイルが変わったりして・・・
●ま、よーするにあなたにもそんな店が有ったら別にその店を崇める必要はないけど、そこに金を落とすべき。自分の感性やコネクションを信じるのも自由だけどね。でもそれだけで世の中は回ってないよ。みんな誰かから何かを得て、何かを与えるから動いてるものが有るんじゃないのかい?
●でも、今になって目に見えなかった情報の編集に対してちゃんとお金を払えよって言われても何人がその対価を払うのかねぇというのも有るんだけどね。

2009年10月26日月曜日

Hudson Mohawkeと体力の限界


Twitterの世界ではここ数週間、プリンスだの、テレンス・トレントダービーだの、テディー・ライリーだの、ベビーフェイスだのといった不穏なつぶやきが続いていたが、先日はついにQ-Tipまでが突然Keith Sweatの”Make It Last Forever"のYouTube動画へのリンクをつぶやき。

別に今80年代R&Bが来てるなどという気はまったく無く、なんつーか、人の無意識が空間を超えてどこかでつながっているのを見るは楽しい。だからTwitterは楽しい。

そして、ここ数日いろんな人が素晴らしいとつぶやいているのが、Hudson Mohawke "Butter"。あっという間に絶賛の嵐ですよ。ということで早速ネットで購入してみました。新譜をチェックする上でもTwitterはアマゾンのレビューなんかより全然役に立ちます。

ですが、皆さんが絶賛しているものに対して言うのは気がひけますが、最初に聞いた感想は「昔、Aphex Twinがやっていたことをサンプリングでやっている」でした。あれ?俺のセンスもついに時代に追いつかなくなったか、と思いました。

ですが、本日うちの動くオーディオルーム a.k.a.車で大音量で聞いてみたら、すっごい印象が変わりました。なるほどヘッドフォンで聞くのとは全然違うね。例えばチープに聞こえるシンセの音も大音量で聞くとすごくなじんでるし、実は細かい所よく作りこんでたりして。本来内にこもりそうな音楽なのに実は大音量向けに作られているところに時代性を感じるなぁ。これがレイブ感覚(死語)?

なんにしろバキバキした音楽ですよ。ここのところダウナーな音楽ばかり聞いていたせいか、このバキバキ感は体力消耗するなぁ。ひょっとして試されてるのか?

2009年10月22日木曜日

QUANTIC and HIS COMBO BARBAROの素晴らしさ



買ったのは最近なのだが、聞いた瞬間に今年のベスト入りを確信した。その後検索してたら、実はDisc Shop Zeroさんで発売前からプッシュしていたのね。さすが

かつてDJが作る音楽と言えば、
「ジャズとヒップホップでジャジーヒップホップでございますー。」みたいな大仰なもので、それを「DJならではエディット感覚」と崇めてたりしてたものだが、こちらの場合は違う。別に言われなければDJが作ったとは思わないし、ぱっと聞いた感じ普通にクンビアに聞こえる。でも、よく聞けば今のコロンビアでこんな音楽はぜったいに作られない。そこがもう以前とは全然違う所。

以前の音楽がカレーと牛丼でカレギューみたいな物に対して、こちらは素材を両方ともじっくり煮込んでるのでカレーにしか見えない。でも牛丼も入ってるんだよみたいな・・・・あ、全然違った。

だからDJが作る音楽がフロアー仕様だとか、エディット感覚だとか、フューチャー感覚だとか言ってれば何かすごい物がそこにあるように思われた時代はもう終わってるってことさ。

元の素材の味を知っていてそれに適したちょっとした調味料を加えることでなぜか今まで食べたことも無い料理になっている。DJが作ったからではなくて、いろんな音楽を聞いてる奴が作ったからこんなにおいしくなったということ。

それが重要。

以降、DJが作る音楽はこれを基準に判断します。調味料の入れすぎは減点するぜ。

(と、書き終えてから聞いたこのCD。これだけのメンツを揃えて、いかにも金のかかっていそうなCDなのにQuanticの10分の1も面白くないぞ。)

JAGATARA覚え書き


(以下はTwitterからの転載)
■じゃがたらはやはり赤いスーツを着る前までが好き。赤いスーツを着た後のじゃがたらはやはりOTO'sじゃがたらだったから。
■じゃがたらの本を読んでもその頃のOTOがメンバーの演奏能力を上げようとして、結果としてバンドがばらばらになっていく過程が描かれているし実際そうだったんだろう。OTO自身もそれを認めて自分が悪者で有ったというような発言をしているけど ・・・・でも本当は違ったよね。
■あの頃、じゃがたらに全部やらせておいて周りで好き勝手言っていた奴らがいたんだ。そいつらの期待にOTOは答えようとしていただけ。すごく真面目にね。俺はその周りで好き勝手言っていた奴らこそクソだったことをちゃんと覚えている。
■だから寿町での酔い酔いのおっさん達を踊らしているじゃがたらの映像を見ると、別にアフロビートなんてちゃんとやれなくても楽しくファンクをやっていれば良かったもうひとつのじゃがたらを夢想してしまう。そんなことどうでも良かったよね。でもそれは誰も言えなかったあの時代。

あとひとつ付け加えると、じゃがたらのアルバムはどれも実際のじゃがたらのすごさをちゃんと記録してない。だからじゃがたらを当時見たことがある人間はそれをいつも口惜しく思っている。

そして俺は今のバンドのライブはちゃんと見にいくことにしている。あとで口惜しくならないために。