2009年1月21日水曜日

君の恋人が去って行く音がするけど大した事じゃないよ

君の恋人が去って行く音がするけど大した事じゃないよ



Penguin Cafe Orchestraのファーストに入っている曲。原題もThe Sound Of Someone You Love Who's Going Away and It Doesn't Matter.
大昔、NHK FMの深夜、たぶん「サウンドストリート」のあとの番組でこの12分もある曲がかかって、そのタイトルとともにずっと忘れられない曲となっていた。

Penguin Cafe Orchestraは日本ではセカンドが当時おしゃれな音楽として話題になっていて(自分の中ではそれをおしゃれだと持ち上げていた人たちがそのまま六本木WAVEを支えていたという認識),その後日本ではCafeという言葉がかなり下品な言葉になってしまい、現在ではなかなか全体像が見渡せないバンドとなってしまったが、ファーストはほかのアルバムと別格で今でも好き。このファーストは元々ENOのオブスキュアー・レーベルから黒いジャケットから出ていたせいか、ユーロ・プログレの匂い=死の匂いがするからかもしれない。なんにしろこのアルバムの中の数曲の不穏な空気は今の気分なので、思い出してipodに入れてみたりしていた。

で、最近になってこの人たち今は何をしているのだろうと検索などしていたら、リーダーのSimon Jeffesが死んで、もう10年以上経っていた。全然知らなかった。

最近は昔好きだったアーティストことを検索していると、知らない間に亡くなっていることが多い。音楽雑誌とかいっさい読まなくなって何年も経っているので訃報に接することもあまりないからだ。でもここ最近だけでも、いろんな人が亡くなっているんだな。OdettaとかPink FloydのRichard WrightとかFreddie HubbardとかStoogesのRon Ashetonとか。

昔はミュージシャンの死というのはそのたびに特別な感慨を抱かせるものだった。残されたものがその死にあれこれとドラマ性を見ようとしていたと言ってもいいかも。

それは60年代70年代に死んだミュージシャン、Brian JonesとかJimi HendrixとかJim MorrisonとかJonn Coltraneとか,Mark Bolanとか,Keith MoonとかJohn Lennonとかの亡霊のなせる業なのかもしれない。その後も日本のパンクバンドのメンバーとかKurt Cobainとかいろいろ若くして死んでいく人間はいたし、そのたびに残されたもの(それもその死んだ人間の近くにいなかった人たち)はその死になんらかのドラマ性を見ようとしてきた。

でも最近のミュージシャンは普通に死んでいく。

それはまるで、ちょっと疎遠だった遠い親戚の訃報に接したみたいに。

そして、残された者が思うのは、遅かれ早かれいつか人はいつか死んでいくのだなぁということ。いろんな人が毎日死んでいく。それが当たり前と思ってしまう。それだけ自分も歳をとったし、音楽も歳をとっていった。

失われたアーヴィンを探して

記憶には有るんだけどそれが本当に存在していたのかがわからなくことってありますね。

たとえば
Weldon Irvineの曲で"Music Is The Key"というのが有ってスローのいい曲で自分のipodには常に入れております。
で、この曲のヴァージョンにはWeldonの”Sinbad
"に入っているのと、Bernard Wrightがアルバム"Nard
"でカヴァーしているのが有ります。




SinbadのヴァージョンはDon Blackman
が歌っていて、Bernard Wrightは本人が歌っております。
で、たいていの方もそうでしょうが、Bernard Wrightのヴァージョンの方がメローで好きです。
ということでこちらをずっとipodにいれて聞いていたのですが、いつも

なんか違和感

と思っておりました。

最初にこの曲を聞いたとき、女性ヴォーカルだった気が・・・・
さらに記憶をたどると、今から10年以上前、Luv'n'HaightからはじめてWeldon Irvineのアルバムの”In Harmony"が再発されたときに、そのアルバムの1曲目に「Music Is The Key」が入っていた。それが女性ヴォーカルだった・・・・ような気が。

ということで、家のレコード棚からWeldon Irvineの”In Harmony"を探してきたのですが、”Music Is The Key"自体が入っていなかった・・・・

とても気になるのでGoogleで"Weldon Irvine Music Is The Key Female Vocal Version"とかで検索してみたのだけれどまったくひっかからない。ほかにも検索ワードを変えてみたりしたのだがまったくひっかからない・・・

はてさて、あのヴァージョンは幻で有ったのか・・・

と思っていたところ、Luv'n'HaightからWeldon Irvine”Music Is The Key"というのがCDで出ていて、そこにも"Music Is The Key"が入っていることが判明。どうもこれが怪しいということで購入しようと思ったらすでに廃盤。しょうがないのでAmazonで中古が出るのを待って、やっと購入。

聞いてみると、やはりこのCDに入っているのはほかの二つのヴァージョンとは違う第3のヴァージョンでした。高くてか細い声で歌っているので女性ヴォーカルと思っていたのだけど、これはWeldon本人が歌っているヴァージョンでした。正直、下手だけど、それがいい。今度からはこちらをipodに入れよう。

あぁよかった。一件落着。


と、長々と書いてみましたが、わたくしは人生の貴重な時間を割いてこのようなことばかりしております。でも、もうこの日記に書いたから大丈夫。次に誰かが「"Music Is The Key"で女の人が歌っているのがあったよなぁ?」と思ってもこのブログが検索にひっかかるのですぐに答えが出ます。

そういったどうでもいいことを書き溜めておいて、後日誰かが検索をかけてもすぐに答えが出るようにしておく・・・それがこのブログの目的です。よろしくお願いいたします。

では、ついでにわたしが最近検索をかけて調べてたけどぜんぜんわからなくて、でも最近自己解決したことを。

うちではFredの加湿器をここ2年ほど使っております。

まず、デザインがいい。でかいけど。その分、水がたくさん入るので一晩持つ。前の国産のは寝てる間に水が切れてしまっておりました。

で、わりと気に入っていたのですが、今年は本体から「ブーン」という音と振動出るようになって、それが結構うるさい。いやかなりうるさい。ついに壊れたかと思ってあれこれ調べていたのですが、先日原因がわかりました。

この加湿器は電解式過熱型の加湿器で電極で水を分解してそれで加熱した蒸気を出すタイプなのですが、もともと外国製品のため、日本の水道水だと水質の関係で水がよく分解出来ない。そのため水を入れたあと重曹を満タンの水に対して2g入れることになっているのでですが、この重曹を入れすぎるとどういう按配か分かりませんが、音と振動がするようになります。

ということで今ではFREDの加湿器も元気にかつ静かに稼動しております。


はい、これでまた世の中のどうでもいいことのひとつが検索にひっかかるようになりました。