2009年12月27日日曜日

俺大賞2009 次点編

例えば、実際のDJプレイやDJミックスを聞いて、「この人も歳とったなぁ~」と思うことが多い昨今ですが、それはその人の現役から退いてる感につながることが多いのです。だけど、Mark Eの遅めのBPMのミックスを聞いていると、若い奴を踊らせるだけのミックスは誰かにまかせておけばいいし、DJミックスというものが歳を取るごとに熟成して、いろんなものを表現することが出来るのだという気持ちになります。ということでMark E仕事が俺大賞受賞でした。

では、次点です。

Quantic & His Combo Barbaro "Tradition In Transition"

僅差でMark E仕事になりましたが、別にこれが俺大賞でも良かったです。ブログにも書きましたが一聴するとトラディショナルなワールドミュージックのようでよく聞くと、絶対に存在しえない音。日本でもMoochyとかがやってますね。もっとこういう音が聞きたいです。
Carl Craig & Moritz Von Oswald "Recomposed"

リミックスで有り、アルバム全体がクラシックの構成をなぞっているというアルバム。第4楽章のピークがやはりすごい。
Cos/Mes "chaosexotica"

今年、日本人の作ったハウスの最良のサンプル。
Likkle Mai "Mairation"

言わずもが
Morits Von Oswald Trio "Vertical Ascent"

言わずもが
サイプレス上野&ロベルト吉野 "Wonder Wheel"

次世代のスチャダラパーになれる逸材だと思う(いやマジで)
Luciano "Tribute To The Sun"

ミニマル嫌いでしたが、このアルバムで好きになりました。
Converge "Axe To Fall"

ますます厳しくなっていく状況の中で意志を持続することの大変さ。
DJ BAKU "JAPADAPTA"

DJ BAKUの演るロック(=コスるロック)が好きなのでもっとこっち方面をやってほしいという希望を込めて。
neco眠る with 二階堂和美 "猫がニャ~て、犬がワンッ!"

気がつくと今年一番口ずさんでいた曲。

以上。

次点はちょっと普通すぎる気もしますね。実際、今日ミュージックマガジンを立ち読みしたらほとんどが年間ベストとかぶりまくってたし。ま、てきとうに選んだわりにはちゃんといろいろ聞いていたとも言えるかもしれない。