2009年9月29日火曜日

Massive Attack 覚え書き



●Massive Attackと言えば思い出す'92年の初めてのアメリカツアーの映像。
●なんと彼らはターンテーブルとミキサーのみのラバダブ・スタイルでライブ。Horace Andyらもいたけどびっくりするほど客に受けていなかった。
●このツアーは大失敗だったらしく、実際ミネアポリスではステージの途中で主催者からステージの幕を下ろされるほどだったらしい。
●この失敗がその後のMassive Attackに大きく影響を与えたのは言うまでもない
●その後、Massive Attackはアルバムを完璧に再現するライブバンドを作りライブするようになる。
●その成果は"Mezzanine"の後のロイヤル・アルバートホールのライブ(ブート有り)を聞けば分かるとおりHIP HOP,REGGAE,ELECTRONICAをルーツとするバンドが出来るものとしては完璧なもので有り、ロックも含めて多くのバンドに影響を与えるまでになった
●その頃、あるバンドから「あなた達のような音にしたい」とプロデュースを依頼されるが「あなた達だったら自分たちで出来るはず」とお断りする。そうして出来たアルバムがRadioheadの"Kid A"で、そのアルバムがその後のロックバンドを大きく変えたことは言うまでもない
●Massive Attackはその後、ライブでの演出や演奏力などをどんどん強化しており、大きなフェスのヘッドライナーになる程までになった。
●それでもアメリカにはやはりトラウマが有るらしく、8年とか5年とかごとにしかライブしていない。
●自分も"100th Window"リリース後にマンチェスターでライブを見たけど、大きな会場で満員なのにライブ中もみんな別に強烈に踊ったりする訳でもなく、薄~い膜の中に包まれてそこでふわふわとしながら感覚を共有しているような感じがとても21世紀。かつてのピンクフロイドってこんな感じだったのか、と思ったりした。
●なんにしろ、現在のMassive Attackはレコーディング・アーティストと言うよりは、強力なライブが出来るバンドで有り、メンバーも今はライブという場でどこまで出来るのかということに主眼を置いているように思う。
●それも最初のアメリカでの失敗が原因なのだが、たいていのグループはそこでぽしゃったり、小さいクラブという世界での成功に引きこもったりしてしまうのだが、そうならなかったのはやはり才能なのだろう。