2009年9月12日土曜日

まともにはいられない

まぁ、出るというなら聞いておきますかくらいに思っていた、Beatlesのモノボックスだが、聞き始めたら冷静ではいられない。

なんと言ってもビートルズ・ファンというのはことあるごとにレア音源という名の不良品をつかまされたりしてきているのである。特に前の「LOVE」というアルバムがひどかった。あれでもう今後リリースされるビートルズには期待出来ないと思った。

ということで、モノミックスはLPを録音したものを持ってるけど、音が良くなったというなら聞いておきますか、くらいに思っていた。

でも全部違った。

4年かけたというリマスターは本当に素晴らしかった。特にポールのベースの音や、ジョンの声の微妙なニュアンスなどファンがここクリアーに聞きたかったというポイントがすべて聞きたい状態に。

そして、モノミックス。今まで勘違いしていたのは、モノミックスのLPでも、それをステレオのカートリッジで拾ってしまったのはモノじゃないのだ。ヘッドフォンで聞くと真ん中に音が集まってしまって左右が空いてしまう。それが今回はCDなので広い平地に音が広がっている感じがモノなのに味わえる。今までモノだと思っていたものがそうじゃなかったのだ。モノというのはここまで広がりの有って、豊かな表現の出来るものだったということを初めて知る驚き。フィル・スペクターは正しかった。

特にMagical Mystery TourとかSgt Pepper's とかはモノを聞いた後にはステレオは聞けない。なのにこのモノボックスが限定で、すでに入手困難感が出ているのはどういうことか?本当のビートルズはここにしかないと断言出来る。とにかくどうにかして買っておくべき。