2009年7月6日月曜日

黒船 大阪は大阪だった

インディーズブームに飲み込まれて東京のバンドがメジャーに行こうと必死になっている頃でも大阪からは面白いバンドがたくさん出てきていた。

メスカリンドライブ、ニューエストモデル、OFF MASK OO、XOYO、赤痢、OUTO、S.O.B.、花電車、そしてBOREDOMS。

その差は歴然としていたのだが東京のバンドは影でこう言っていたものである。

「あいつらはみんな実家から通っているからあぁいうバンドが出来るんだよ。」つまり実家なので生活費がかからないから売れないような音楽でもやり続けることが出来るということ。逆に言うと東京のバンドはアパートの家賃を払わなければいけないのでメジャーで売れる音楽をやらざるおえないということか。

まさかそれは冗談でしょう?と今ならみんな言うだろうが、当時はみんなマジにそういう風に言っていた。たしかBOREDOMSに本当にそういう風に聞いたインタビューもあったはず。

と、当時の東京のインディーズがどれだけかっこ悪かったのかを端的に表すエピソードなのだが、結局そんな感じでメジャーで売れるというために必死になったバンドたちも結局は搾取されたり、メジャーに生き残るためにさらに醜態をさらすことになるわけだ。