2009年6月26日金曜日

マイケルジャクソンとオバマ

かつてアメリカに買い付けに行っていて一年の半分近くをアメリカで過ごしていたことがある人間として言わせてもらえばアメリカに人種差別というのは確実に有る。ロスやニューヨークにいたらそんなことないかもしれないがウィスコンシン州だったりテキサスに一人でいたら差別されるなんて当たり前。そこでへこたれたら負けだ。それを受け入れてもう一度アメリカに接することが出来るようになってまず一人前。そんな風にアメリカを見てきた自分からしたら、自分が生きている間に黒人がアメリカの大統領になるなんて絶対に無いと思っていた。

ところが時代はあったいう間に変わって、それが今や現実。

マイケルがどんなに否定しても、彼が白人になりたかったのは間違いない。白い肌。ケツ割れアゴ、とがった鼻。彼の変わっていく容姿がどんどん彼の音楽をそのもの本来の価値="King Of Pop"から遠ざけてしまった。ここ10年近くマイケルのことを話す時人はなぜか「半笑い」だった。

50歳だったマイケルが容姿を白人に変えなければならないほど、背負わなければならなかった差別を今生きてる人の誰もが受け止めることが出来なかった。マイケルってのは生きている悪いジョークだとみんな思っていた。そしてオバマがアメリカの大統領の時代に肌の白くて、鼻のとがった黒人のマイケルはその存在自体が重すぎた。たぶん本人にも。

あとちょっと時代が違ったら、マイケルがJackson 5のマイケルの成長した姿のまま受け止めることが出来たのに。

でももう彼の背負った不幸は終わった。あとは彼の本来の姿="King Of Pop"の話だけをしよう。