2009年5月17日日曜日

Steve Kuhn / Steve Kuhn ('71 Buddah)

レコード屋をやっている時はまだ見たことのないレコードを求めて東ヨーロッパやブラジル、キューバまで行ってました。当時旧ソ連もかなり発掘が進んでおり、「このまま行くと北朝鮮に行くしかあるまい」などと冗談で言ってたものです。

しかしその後いろいろな再発が出てみるとアメリカやヨーロッパの普通のレーベルにいいレコードが有ることに気づかされました。

そんな一枚がこちら


Steve Kuhn / Early 70's










Gary McFarlandがアレンジに参加した71年のアルバム(に数曲をプラス)。特筆すべきはキューン自身が歌っていることで、はっきり言ってうまくありません。しかしそれがこのけだるくメランコリックなアルバムに妖艶さを加える結果となり、全体的には非常にサイケデリックなアルバムとなっております。ローズピアノ好きなら買って損なしのけむたいアルバム。