2009年5月4日月曜日

いいんだぜ



サブカルでも、カウンターカルチャーでも、ロックでも、ヒップホップでも、言葉というものを使うのだったら、それはどの立場からその言葉を発しているのかということが重要なんです。

「シャンパンがどうの」だの「信じていればきっと夢はかなうよ」とかしか言えない奴はどの位置からその言葉を発しているのか分かってるのかね?自分がどれだけ滑稽なのか分かっているのかね?

ということで中島らもの「いいんだぜ」ですけど。これほど何を言わなければいけないのか、どの位置からその言葉を発しているのかということをシンプルに表してる曲は無いと思うのです。この曲にピンとこないのでしたら、それはそれでよし。君は君の人生を生きろ。でも俺の雲からは出ていってくれ。


まぁ、世の中にはもっと「いいんだぜ」があふれたらいいと思うけど、「いいんだぜ」や「自分が自分で有ることを誇る」だのと言われたばかりにこのままでいいんだ、なんの努力もしなくていいんだと思ってしまう馬鹿もたくさんいる訳ですが、それはまた別の話。